放送番組審議会

Shingikai

令和2年11月19日
株式会社エフエムしながわ

株式会社エフエムしながわ 第7回 放送番組審議会議事録

開催日時: 令和2年11月19日(水)
開催場所: 書面開催(新型コロナウイルス感染拡大防止対策)
出 席 者: <審議委員>石井 敬一郎、市川 美知、久保田 久仁子、深澤 武久、細川 珠生、山村 俊雄
<エフエムしながわ>大木 晋、高橋 敏志
<オブザーバー>鹿本 英利、神林 哲郎
<事務局>宮津 隆一

(敬称略・順不同)

  1. 1.第6回 放送番組審議会議事録の確認

    第6回放送番組審議会議事録を書面にて報告事務局作成議事録に対し、一同異議なく承認した。

  2. 2.報告事項

    1. (1) 放送番組に関する意見の報告

      番組に対する聴取者からのお問合せ、ご意見(番組へのメッセージ投稿含む)などを書面にて報告した。

      〈委員からのご質問・ご意見〉

      • 「シナガワンラジオ」は問い合わせ、リクエストとも安定的に数字が伸びてきて、手応えを感じる。
      • 番組表の下欄に”supported by”とあるが、掲載の企業はスポンサーだということでしょうか。
        CMを出しているのでしょうか。
        サポートしてくれる企業は沢山あり、開拓の余地は大きいと思う。
        事務局回答> 当社の株主企業を掲載しています。
    2. (2) 編成についてのご報告

      2020年8月以降の編成で、新番組の開始や特別番組の放送および番組枠拡張などの追加・変更について書面にて報告した。

      〈委員からのご質問・ご意見〉

      • 資料②を見ると「ほっとラジオしながわ」の問い合わせ・リクエスト件数が3番目に多いので、多くの人が聞いているのではないかと想像します。
        毎日パーソナリティが違うのも飽きなくてよいのでしょう。
      • 新しいパーソナリティの起用があったようですが、だいたい何年程度で交代する計画でしょうか。
        事務局回答> 期間は特定していませんが、番組改編時期(主に4月・10月)に必要に応じて検討する。
      • 特別番組は年間あるいは半期を目途に企画されるのでしょうか。
        特別番組の位置づけを知りたい。
        事務局回答> 年間あるいは半期を目途に企画している。
        特別番組はレギュラー番組以外に放送される番組を主に特別番組と位置付けています。
        地域とのつながりや特に掘り下げるべき内容がある場合、またスポンサー要請等が発生した場合に企画される。
    3. (3) 制作番組について

      8月~11月の放送された制作番組の内容について書面にて報告した。

      〈委員からのご質問・ご意見〉

      • 10月から「しながわ体操」の放送がなくなったとのこと。
        おこもり生活の中でしながわ体操を通じて体を動かすこと健康のためによいと思いますが、中止の理由を知りたい。(ラジオでは動作がわかりにくい、とか?)
        事務局回答> 区からの要請により放送を中止した。
        ラジオでは動作がわかりにくい点が大きく、ケーブルテレビ品川(テレビ)での放送で認知度を高めてから再度放送を検討する予定。
  3. 3.番組試聴

    1. 番組名 山口竜之介の大崎フリーク!(30分番組)
      放送日時 令和2年8月7日(金)20時30分~20時56分
      番組内容 品川区在住の声優 山口竜之介が、品川区大崎の街のイベント情報や大崎西口商店会のマスコットキャラクター「大崎一番太郎」のお知らせなど、大崎の魅力を紹介する超局地的番組。

      〈委員からのご質問・ご意見〉

      • 大崎は最寄りの駅でもあり、街のこともよく知っているので興味深く聴取した。
        山口竜之介さんの語りはこれからを期待する。
      • 本題に入る前の話は無駄話。
        内容が乏しく、最後は聴くのが苦痛になった。
        テーマと内容が一致しない部分が多い。内容も空疎だった。
      • テンポよく嫌みのない語り口で楽しめた。
  4. 5.閉会の辞(書面開催)

    1. 次回は、令和3年2月頃の開催となった。